アコムの在籍確認を電話連絡なしでカードローンする方法

アコムの在籍確認を電話連絡なしでカードローンする方法

 

アコムの在籍確認が不安な方に朗報!

アコムでカードローンをしたいけど、職場に在籍確認の電話連絡がくるのが憂鬱・・・といった不安を解消!

 

勤務先への電話なしで在籍確認をする方法があります。

社員証、給与明細、収入証明書等の必要書類を提出する事により電話連絡なしのカードローンが実現!!

 

↓アコムの在籍確認ならストレスなし↓

 

↑電話連絡なしカードローンはこちらから↑

 

そもそも、在籍確認とは?

在籍確認の審査とは、借りる人の返済能力を確かめる為の審査の1つであり、きちんと職に就いている事が無担保でお金を貸す消費者金融としては絶対条件となります。

 

毎月の安定した収入があることがアコムを利用できる条件になります。

 

ですので現在働いて給与を得ている事を確認するために申込み時に入力した勤務先に在籍しているかを確認するための審査になります。

 

アコムだけでなくどの金融でも必ず行ってる審査であり、回避できません。よって無職の方はお金を借りる事はできません。

 

意外に知られてなかった、実はアコムからの在籍確認の電話は個人名でかかってくる!

職場にかかってくるアコムからの在籍確認の電話は、実はアコムの担当者の個人名でかかってくるので、同僚にバレる可能性はないのです。

 

これは意外に知らない方が多いようなのですが、アコムという社名は一切名乗らないので、必要以上に不安に思うこともないかもしれませんね。

 

しかし、それでも会社に私用電話がかかってくるのがマズイという方も多いことでしょう。そんな方には、やはり電話以外の方法で在籍確認をしてもらうことをおすすめします。

 

証明書類での在籍確認という場合もありますが、アコムの担当者に相談するのが良いでしょう。代替案を提示してくれますので安心です。

 

最近では個人情報保護法により外部からの電話を取り次がない企業も多いので、アコム側もすんなりと相談にのってくれます。

 

電話連絡なしで在籍確認の審査を進めて貰う流れ

1.アコム公式サイトに進み、申し込み必要事項をすべて入力し、送信完了させましょう。

 

2.すぐにアコムの担当者から携帯電話へ本人確認も兼ねて、カードローン申し込みの意思確認の連絡がきます。ひと通り審査などの説明を聞いた後に、職場への電話連絡について相談を行いましょう。「職場は私用電話が都合悪いので…等と理由を述べて、電話以外の方法で在籍確認の希望を伝えましょう。

 

3.アコム担当者が自分に合った在籍確認の方法を提案してくれます。
ざっとこのような流れでカードローン審査が進みます。

 

アコムの在籍確認審査の内容は?

 
勤務先に在籍しているかを確かめる審査である【在籍確認】の審査は、必ず行われる審査です。

 

必ず行われる審査ですが、その方法である職場への電話連絡を回避することは可能なのです。

 

ほとんどの場合、何も相談しなければ、「在籍確認のための電話連絡をお勤め先に行いますが、電話は何時頃がよろしいでしょうか?」と説明をしてくれます。

 

ですが、職場の事情は様々で、外部から自分宛てに電話をかけてもらうのは困る状況だったり、または職場では電話対応しないことが多い場合など、他にも職場環境はそれぞれ異なりますから、出来れば電話以外の在籍確認の方法をお願いしたい、という方は少なくありません。

 

アコム側も電話なしの相談は想定内なので、しっかりと事情を伝えれば配慮してくれることは間違いありません。

 

電話連絡を回避できない場合も

ただ、それまでの審査の内容によっては電話回避は難しい場合もあります。

 

すべての方が、リクエストをすれば在籍確認の電話連絡をなしにしてもらえるわけではありません。それまでの審査がある基準に達していれば、問題なく代替案に移行できるのですが、基準に微妙に達していない場合は、最終的に職場へ電話での確認をしなければならない状況になります。

 

とはいえ、その場合は電話確認の審査によって、問題ないと判断され、契約となります。

 

 

 

 

アコムだからサービスが充実!

 

アコムに申し込む前に、まだ迷っているという方!

もし迷っているのが、【審査に通るかどうか】であれば、3秒診断がおすすめです!

 

申し込み後の審査と違い、簡易診断である3秒診断では、簡単な3つの質問に答えるだけで、お客様が借り入れ可能かどうかを診断してくれます。

 

3つの質問とは以下の項目になります。

 

年齢は?

生年月日を答える必要があります。消費者金融ではご利用条件として年齢制限があります。未成年の方は利用できません。なので1つ目の質問で大きくふるいにかけられます。この診断では、年齢を証明する必要はありません。ただ目安として審査には年齢制限があるということを知ることが出来ます。

 

もしここで年齢をごまかしても、その先の本審査では年齢を証明する「運転免許証」や「パスポート」など身分証明書の提示が必要になるので、誤魔化すことは出来ません。

年収は?

年収の質問がありますが、年収の金額で審査に通らないということはありません。これは診断の段階でも本審査も同じです。年収の額がたとえ少なくてもカードローンを利用することは可能です。ただ、総量規制により年収の3分の1までが借入可能額となります。

 

総量規制では、例えば年収が450万円の方は150万円までしか借り入れができません。300万円の年収な100万円が大枠での限度額となります。ただし、審査の内容によっては、最初の段階で借入可能額を提示されることが多いので、総量規制の借入れ可能額とは関係なく、少額の融資になる事もあります。

 

他社ですでにカードローンの借入れがあるか?

すでに他の金融業者で借り入れがあったとしてもカードローンの利用に大きく影響するわけではありません。ただその件数や合計金額が影響してきます。これも総量規制に関するものです。他社での借り入れがなければそのまま年収の3分の1までが借り入れ可能額になりますが、すでに他で借り入れがあればその金額を差し引いた額が借入可能額になります。

 

このシンプルな3項目だけで実際に審査の重要な部分がわかるようになっています。

 

ですので、この診断に通れば、後はほとんど大丈夫と思って良いでしょう。それだけ簡単だけれども重要な診断項目なのです。

 

この【簡易診断】の結果次第で、すぐに【本審査】となりますが、本審査で審査に落ちるとすれば、考えられるのは【過去の利用履歴】が大きいです。

 

審査のひとつで、信用情報機関への照合というものがあります。個人の金融機関の過去の利用情報が管理されています。ほとんどすべての金融機関が閲覧でき、審査に利用しています。

 

ですので、簡易診断にもある【他社でのカードローン借入れ】を虚偽申告したとしても、この信用情報機関ですぐに把握されてしまいます。もし、過去に返済の遅れなどがあった場合は、それが理由で審査結果に影響してしまうことも考えられます。

 

『信用情報機関』はご自身で確認することが出来ます。手数料1000円ほどで、スマートフォンからでも照会できるようになっています。

 

主にふたつあります。情報開示手続きは【CIC】 【JICC】となっています。

 

アコムの在籍確認の仕組み

トップへ戻る