消費者金融からの借り入れはすべて総量規制の対象なの?

消費者金融からの借り入れはすべて総量規制の対象?

 

消費者金融から借り入れする時に注意したいのが、総量規制です。

 

この総量規制はすべての借り入れで対象になるのでしょうか?

 

実は総量規制対象外となる借り入れもあります。

 

・ 除外と例外がある

総量規制では、大まかに分けて除外と例外を設けています。

 

この除外と例外に当てはまる貸付の場合は、総量規制の対象外です。

 

消費者金融から借り入れする場合、次のような除外と例外が当てはまる可能性があります。

 

・ 配偶者貸付

総量規制の例外の中に含まれているのが、配偶者貸付です。

 

総量規制では、年収3分の1までの借り入れとなっています。

 

このままでは収入のない専業主婦の方、収入の少ない主婦の方では、十分な借り入れが難しくなります。

 

そんな時でも、配偶者貸付であれば、配偶者と合算した年収3分の1までの借り入れができるのです。

 

ただし、どの消費者金融でも配偶者貸付を利用できる訳ではありません。

 

配偶者貸付を行わない消費者金融もあるため、配偶者貸付を利用したい方は選び方が重要となるでしょう。

 

・ 借り換え

消費者金融への借り換えも、総量規制の例外に含まれています。

 

例えば消費者金融で提供している借り換えローンです。

 

借り換えとは、金利の高い借り入れ先から、金利の低い借り入れ先へ移し替えることを言います。

 

顧客が一方的に有利になるため、借り換えローンは総量規制の対象外となります。

 

年収の少ない方でも、借り換えローンなら利用しやすいでしょう。

 

ただし、借り換えローンは返済のみ、新規借り入れはできませんので注意して下さい。

 

・ まとめ

総量規制の除外と例外に当てはまる方は、状況次第で年収3分の1以上の借り入れも期待できます。

 

しかし、自分の返済能力を超えた借り入れは難しいために注意して下さい。

 
トップへ戻る